神田小川町御茶ノ水 ジャズ喫茶 神保町交差点から5分 アナログレコードをJBLで再生 ランチはチキンカレー JAZZ Cafe.

@JazzOlympus

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

             

ジャズ トーク・イベントを開催いたします!10月30日スタート!!

*イベント開催日の通常営業は、午後3時半から6時までといたします。

高井信成・瀧口譲司の新譜&話題のジャズ紹介イベント
「JAZZ AT THE JAZZ OLYMPUS!」 ~T&T最終土曜日のジャズ~スタート! 月一開催

ジャズ専門誌、アルバム解説をはじめ、ジャズ評論で幅広い活躍を繰り広げる高井信成氏と、
音楽ソフト販売店での長年の経験を生かし、日欧のジャズを紹介する瀧口譲司氏が贈る“JATO”。
毎回、高井、瀧口両氏のコラボで贈る新譜紹介と、インタビューなどでミュージシャンと直接会った高井氏ならではのマル秘エピソード「私の会ったシャズメン逹」コーナー。そして、瀧口氏が選ぶ、変わり種名盤を紹介する「Europe & Japan JAZZ」コーナーなど、最終土曜日のジャズ三昧企画です。
日時:毎月最終土曜日午後1時半から3時半
場所:神田小川町・ジャズ喫茶「JAZZ OLYMPUS!」
料金:1500円(1ドリンク付き)
( Tel:03‐3259‐0055 )

第三回12月25日(土)午後13:30~15:30
2010年も間もなく終わる、今回はなんとクリスマスの日に当たってしまいました。
25日はキリストの生まれた日ではないという「常識」が、やっと普通に受け入れられてきたこの頃、
それでも年に一度の日を自分の家で過ごせない人も多い。
そんな人たちにとっても、仕事からなかなか解放されない人にとっても、
毎年、自分のクリスマス・ジャズ・コレクションを増やしていくのは、楽しい。
新しく発売された作品も含めてクリスマス・ジャズで楽しく過ごしてみよう。
前回のダイアナ・クラールに続いて、高井さん担当の「私の出会ったジャズメン逹」のコーナーは、
マンハッタン・トランスファーのリーダーとして、そして、ソロ・アーティストとしても活躍を続ける
ティム・ハウザー。今回も高井さんの意外な話が聞けそうだ。
私、瀧口もかつて店頭で彼と長話をしたことがあるが、彼の音楽に愛する真摯な姿勢が忘れられない。
瀧口のほうは、クリスマス・ジャズの名曲をヴォーカル、インストを織り交ぜてかけていきます。
ご期待ください。もちろん、ヨーロッパ&日本ものもかけます。(瀧口)

第二回11月27日(土)午後13:30~15:30
 欧州レーベル特集:Albore Jazz アルボーレ・ジャズ
イタリアの楸瑛たちの現在の姿を等身大で捉えたユニークなレーベル。
オーナーは、かつて旋風を巻き起こしたイタリアの有名レーベル「Schema 」で一年弱” 修行” を積み、当レーベルを設立した意欲あふれる日本人。
僕にとっても、隣町に住む情熱を持ったレーベルオーナーとして敬愛する人。
「イタリアのシェリー・マン」こと、ロベルト・ガットほか、魅力的な作品が並ぶ「アルボーレジャズ」の全貌を明らかにする。そのほか、新着&推薦の日本人ジャズを紹介します。マイナー系を含めてご期待ください。
(瀧口)

第一回10月30日(土) 午後14:00~16:00
「私の会ったミュージシャン第一回」ダイアナ・クラール (担当:高井)
「特集日本のインディーレーベル 第一回」安ヶ川大樹 D-Musica Label(担当:瀧口)
でお送りします。
なお、11月以降の日程は、最終土曜日の13:30-15:30に変更します。

<紹介者プロフィール>
高井信成 Nobumasa Takai 
1957年生まれ。ジャズ・ライター。フリーの編集者。ジャズ雑誌「スイングジャーナル」をはじめ、エンターテインメント系の雑誌編集に約10年間携わり、95年にフリーランスのライター/編集者になる。現在、新創刊雑誌「Jazz Japan」、CDジャーナル、ライナーノーツ、FMジャズ番組のスクリプトなどを執筆。共著に「200Discsブルーノートの名盤」「21世紀版 ブルーノート・ブック」などがある。

http://bus-beat.blogspot.com/

瀧口譲司 George Takiguchi   
1954年生まれ。ディスク・ユニオンで「Disk In The World」の創刊に参加、六本木WAVEに移り、アナログ復刻シリーズ「Wave Jazz Classics」をプロデュース、ジムコ・ジャパンでアルバム制作に参加、その後、HMVJapanインターネット部立ち上げに参加。ジャズ批評、スイングジャーナル、CDジャーナルのレギュラーレビューを執筆。現在、中日新聞・「栄・中日文化センター」でのジャズ講座「街角のジャズシーン」は5年目を迎えた。

                              
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。