神田小川町御茶ノ水 ジャズ喫茶 神保町交差点から5分 アナログレコードをJBLで再生 ランチはチキンカレー JAZZ Cafe.

@JazzOlympus

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

             

柳沢功力と和田博巳の“レコード”掛け合い漫才!PART Ⅱ

~アナログが響き渡る夕べ~
柳沢功力と和田博巳の“レコード”掛け合い漫才!PART Ⅱ

評論活動40余年、クラシックを愛してやまない柳沢功力と、
70年代、“過熱”したジャズ喫茶でDJ経験を持つ、元ベースマン和田博巳。
現在はオーディオライターとして活躍中。
レコード演奏に心血を注ぐ両者が愛聴・必聴・秘蔵盤をご紹介いたします。
今回のテーマはアナログ!最初に音を記録したアナログレコード。
CD、配信が主流になった現在も、LPは1950年代初期から製造され続けている。
エバーグリーンの音源は、その時々の技術を駆使して何度も“限定盤”と
銘打って再プレスされた。柳沢は、自身の青春時代を彩った往時の所蔵品から
ジャズを中心にクラシック、ポピュラーを。“新”も好む和田は、
最新のマスタリングとプレスを施された愛聴盤のジャズも含め新旧さまざま。
スイング、ビッグバンド、フリー・ジャズ、エレクトリックジャズなど何でも
アリとなりそうな予感。モノが違えばオトも違う。
さあ、時代の音を聴いて下さい!


時:12月23日(祝)16時から18時
処:ジャズ オリンパス!(東京千代田区神田小川町3-24)
装置:JBLオリンパスSG520、SE400、トーレンス124、ガラード301他
御代:2500円(ご飲食のみ 2ドリンクとオードブルのセット) 
御席:30席
応募:イーメイル jazz_olympus@email.plala.or.jp (@を小文字に)
まで申し込みください。折り返し入場券を発行いたします。


             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。